スポンサーリンク

iPhoneのデータ移行にパソコンは必要?手順を解説!【保存版】

3.機種変更

iPhoneを新しく買い替えた時、
調子が悪いから修理に出す場合など、

iPhoneのデータ移行をしようと思うときは
結構多く存在します。

Android端末であればSDカードに
保存すればいいですが、
iPhoneではそうもいきません。

そしてすぐにできないというイメージから

  • データ移行=難しい
  • iPhoneのデータ移行にはPC必須

と思っている人も多いのが現状です。

でも実はPCがなくても簡単にできるのです!

そこで今回は元ショップ店員のうぶが
iPhoneのデータ移行の手順
画像付きで解説していきます☆

iPhoneの操作は一貫性があるので
新しい機種に変わったとしても
やり方は全て一緒です。

一度覚えてしまえば、
そのあとはいつでもできるので
ぜひ覚えていってください♫


iPhoneの機種変更!データ移行や同期にパソコンは必要?

iPhoneのデータ移行や同期の際に
必要とされている代表格がパソコンです。

そのため、
データ移行やバックアップをするときに
パソコンが絶対に必要だと思っている人が
多くいらっしゃいます。

よくショップでも
家にパソコンがないから
店頭でデータ移行をしてほしい』と
おっしゃる方がいます。

ですが、実際にはパソコンがあってもなくても
データ移行は可能なのです!

ではその方法を
順番にご紹介していきます☆

1.パソコンを使ってデータ移行する手順

まずはパソコンを使ってのデータ移行です。

手持ちのパソコンがWindowsかMacかによって
操作方法が少々異なるので、
それぞれご説明していきます。

1-1.手持ちのパソコンがwindowsの場合

元々Windowsには
iTunesは搭載されていません。

まずは手持ちのパソコンに
iTunesがインストールされているか、
バージョンが最新のものかを確認します。

>>ダウンロードがまだの方はこちら!

その後機種変更前の機種の
バックアップをします。

  1. 機種変更前のiPhoneを接続
  2. _

    📱を選択
  3. _

    概要の
    「今すぐバックアップ」をタップ
  4. _

    画面上部の枠が
    アップルマークになったら完了

バックアップが終わったら
新iPhoneにデータを移行します。

【概要画面が表示される場合】


  1. 『バックアップ』欄の
    『バックアップを復元』を選択
  2. _

    バックアップデータの日時を確認し、
    『復元』をタップ

【新しいiPhoneへようこそと
表示される場合】

  1. _

    『このバックアップから復元』に
    チェックを入れ
    バックアップデータを選択
  2. _

    バックアップデータの日時を確認し、
    『復元』をタップ
  3. _

    バックアップから復元を始めるので
    同期が終わるまで放置
  4. _

    アップルマークが表示されたら完了

これでデータ移行が完了です。

その際、万が一データ移行前に
入れてしまった

  • 連絡先
  • 音楽
  • アプリ

などはすべて上書きされ消えてしまうので
データ移行が済むまでは
何も入れない方がいいでしょう。

1-2.手持ちのパソコンがMac OSの場合

Mac OSは元々iTunesが搭載されています。

ですが、中にはセットアップしてない人も…
セットアップしていないと
バックアップは出来ませんので
先に設定しておきましょう。

>>設定方法はこちら!

その後機種変更前の機種のバックアップをします。

  1. 機種変更前のiPhoneを接続
  2. _

    📱を選択
  3. _

    概要の
    「今すぐバックアップ」をタップ
  4. _

    画面上部の枠が
    アップルマークになったら完了

バックアップが終わったら
新iPhoneにデータを移行します。

【概要画面が表示される場合】

  1. _

    『バックアップ』欄の
    『バックアップを復元』を選択
  2. _

    バックアップデータの日時を確認し、
    『復元』をタップ

【新しいiPhoneへようこそと
表示される場合】

  1. _

    『このバックアップから復元』に
    チェックを入れ
    バックアップデータを選択
  2. _

    バックアップデータの日時を確認し、
    『復元』をタップ
  3. _

    バックアップから復元を始めるので
    同期が終わるまで放置
  4. _

    アップルマークが表示されたら完了

これでデータ移行が完了です。

万が一データ移行前に入れてしまった

  • 連絡先
  • 音楽
  • アプリ

などはすべて上書きされ消えてしまうので
データ移行が済むまでは
何も入れない方がいいでしょう。

2.iCloud経由でパソコンなしでデータ移行する手順

こちらでご紹介するのはパソコンなし、
iPhoneのみでデータ移行をする方法です。

ここではiCloudを利用して
データを移行します。

まず機種変更前のiPhoneの
バックアップを取ります。

  1. 『設定』アプリをタップ
  2. _

    『自分の名前』、
    『iCloud』の順でタップ
  3. _

    『iCloudバックアップ』をタップし、
    オンにする
  4. _

    確認画面が出るので『OK』を
    タップ
  5. _

    『今すぐバックアップを作成』を
    タップし、
    バックアップした時間が表示されたら
    バックアップ完了

その後新しいiPhoneで復元をします。

  1. _

    ホームボタンをタップ
  2. _

    言語は『日本語』、
    国は『日本』を選択してタップ
  3. _

    『手動で設定』をタップ
  4. _

    キーボードはそのままで
    『次へ』をタップ
  5. _

    Wi-Fiを設定
  6. _

    Touch IDは
    『後で設定』をタップ。
    確認表示は『使用しない』をタップ
  7. _

    パスコードを設定
  8. _

    Appとデータで
    『iCloudバックアップから復元』をタップ
  9. _

    Apple IDとパスワードを
    入力し『次へ』をタップ
  10. _

    利用規約は『同意する』をタップ
  11. _

    復元するバックアップデータを
    選択し『続ける』をタップ
  12. _

    Walletは『後で設定』、
    iCloudキーチェーンは『使用しない』を
    それぞれタップ
  13. _

    ホームボタンは
    『後でカスタマイズ』をタップ
  14. _

    『表示サイズを選択』をタップし、
    『次へ』をタップ
  15. _

    バックアップから復元を開始するので
    終わったら利用開始

バックアップ・復元ともにWi-Fi環境によって
速度が変わります。

この速度が遅いと、
途中で電池切れになることがあります。

自分のデータ量に応じて
あらかじめiPhoneの充電をしておくことを
オススメします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は
iPhoneのデータ移行の手順について
ご紹介していきました。

iPhoneはAndroidと違い、
操作に一貫性があるため、機種変更前後で
操作方法が変わることがありません。

一度データ移行の手順を覚えてしまえば
機種変更だけでなく、
修理に出す前後での突発的なデータ移行でも
すぐにバックアップができるので、
今後困ることはないでしょう。

このほか、iPhoneの機種変更で
連絡先が消えた時の復活方法が載っている
記事がありましたので、合わせてご紹介します。

IPhoneの機種変更で連絡先が消えた!復活させる5つの手順

こちらも操作的には難しくありませんので
覚えておいたほうがいいものではありますので
ぜひご活用ください。

スマホの格安プランで毎月のストレスとおさらば!

今までスマホの格安プランを考えてみたけど…
・料金プランが多くて分からない
・契約・手続きが面倒…
・速度が今より遅くなりそう
・怪しい会社なんじゃ…
などと思って諦めませんでしたか?

そんなあなたには
大手キャリアNTTドコモの格安プラン『ahamo』がオススメ。

ahamoは
・基本料金2,970円
⇒毎月の携帯代が抑えられる

・データ容量が月20GB
⇒月末までたっぷり使える
 SNSや動画視聴もストレスフリー♪

・オンライン契約ができる
⇒店舗に行かなくても簡単にプラン変更できる

ahamoは24時間受付&事務手数料0円なので
思い立ったときにすぐ申し込みOK。

料金や残りのデータ容量を気にせずに動画見放題♪

3.機種変更
ぽんをフォローする
iPhone辞典
タイトルとURLをコピーしました