スポンサーリンク

【リンゴループ】バックアップをとっていない場合はどうする?

故障・トラブル

エラーはいつ何時起こるかわかりません。

そんな中でも一番起こってほしくないのが
『リンゴループ』です。

リンゴマークが永遠と表示されるのが
特徴のエラーですが、
なんとか解消したとしても
その後に残る不安がデータです。

突然起こるものなので、
バックアップを取っていない人も
多いのではないでしょうか?

そこで今回はリンゴループが起こった時
バックアップを取っていない場合の対処法
についてご紹介していきます。

ついつい後回しにしてしまいがちな
データのバックアップ。

それでもデータは復元したい。

なんとかデータを復元できるように
色々と試してみましょう。


リンゴループ!バックアップを取っていない場合の対処法は?

『バックアップ』と聞くと

  • 面倒くさい
  • 時間がかかるから嫌だ
  • やり方がわからない

というユーザーはとても多いです。

実を言うと私もその一人です(^^;)

普段は”いつでもできるからいいや”と
バックアップを取らないまま
次の機種変更まで放置してしまいます。

そんな時に突然現れる不具合によって
データを失う人をたくさん見てきました。

でもまだ諦めるのは早いです。

これからご紹介する方法を取ることで
データが復元できる可能性があります。

その方法をご紹介していきますね☆

⒈iTunesに接続してみる

パソコンにiTunesが入っている人は
iPhoneを接続してみましょう。

iOSやアプリの不具合であれば
ここでリンゴループが解消され
iPhoneが元に戻るかもしれません。

また、リンゴループを解消した時に
万が一データが消失してしまっても

iTunesに残っているバックアップから
最新ではないにせよ
データが復元できるかもしれません。

⒉ショップに修理の依頼をする

iPhoneの修理は携帯電話会社では出来ず、
Apple StoreやApple公認の修理店でないと
基本的には修理をしてくれません。

というより、非正規のお店での修理の場合、
端末の動作保証がなく、
1回目は非正規で修理に出し、
後日正規店で修理をしようとしても
断られることもあるようです。

これらの修理店は予約が最優先なので、
当日持ち込みの修理は
なかなか対応してくれません。

正規店での修理の場合、
ほとんどの修理は対応してくれますが、
データの復旧はしてくれないのです。

その点、近所にある非正規の修理店だと
Apple Storeよりも
親身に相談にのってくれたり、
データの取り出しをしてくれるところも!

一度相談してみるのもありかもしれません。

⒊シェアウェアのツールを試してみる

最後はネットで出回っている
シェアウェアを試してみるのも一つの手です。

よく、非正規のシェアウェアは
ウィルス感染の面から
使わない方が良いと言われますが
中には役に立ったという
書き込みもあります。

ですが、そのほとんどは有料なので
それでも!という人は試してみるのも
良いでしょう。

リンゴループを修理に出したら料金はどれくらいかかるの?

自身でリンゴループが解消できない場合、
修理店に持っていくしかありませんが
そこで気になるのが修理にかかる料金です。

正規の修理店の場合、部分修理はなく
本体丸ごとの交換になります。

修理費用はこちら!

Apple Care未加入Apple Care加入
iPhoneX65664円12744円
iPhone8Plus47304円12744円
iPhone8
iPhone7Plus
41904円12744円
iPhone6s Plus
iPhone6Plus
39744円12744円
iPhone738664円12744円
iPhone6s
iPhone6
36504円12744円
iPhoneSE
iPhone5s以前
33264円12744円

やはりApple Careに加入していないと
高いですね(~_~;)

ですが、場合によっては
リンゴループの修理代金が
無料になることもあるようです。

その条件は以下のものです。

  • iPhoneが1年間の製品保証期間内
    またはApple Careの2年間の保証期間内
  • iPhoneの外観と内部に破損がない

この外観・内部の破損とは
画面割れやえぐれ傷があったり、
基盤が破損していたり
水濡れになった場合のことをさします。

つまり、1度でもiPhoneを落下させれば
自身の過失として破損扱いになる
可能性があるということです。

また、携帯電話ショップの
保証オプションに加入していると
修理代金を安くすることができます。

保証OP名保証内容金額
docomoケータイ保証サービスdocomoより交換電話機を送付iPhone6s以降 11000円
iPhone6s以前 7500円
1年で2回まで
au修理代金サポート修理代金最大10000円
2年で2回まで
Softbankあんしん保障パック修理代金を還元
月々の利用料金割引 or
ソフトバンクカードへ一括還元
修理代金の約80%を還元
1年で2回まで

もしも補償に入っていなかったり、
補償回数を使い切ってしまった場合、

交換費用は全額自己負担になるので
その時は機種変更してしまった方が
安く済むようです。

iPhoneを修理に出す際
どこに持っていけばいいのか
分からないという人は
ぜひこちらを参考にして見てください。

リンゴループは修理に出せば直る?どこへ持っていけばいいの?

バックアップをとっていなくてもicloudにデータのある可能性も?

近年のiPhoneユーザーは
今使用している機種の前も
iPhoneだったという人が多いです。

その時にどのような手段で
データを移行しましたか?

そうiCloudです。

リンゴループが発生したとしても
iCloudに保存をしたデータが
消えてしまうことはありません。

リンゴループ 解消後
初期化されてしまった場合は
iCloudからバックアップデータを
復元してみてください。

機種変更当時のものにはなりますが
データが戻るかもしれません。

リンゴループになる前にとっておくべきiPhoneの対策は?

リンゴループはいつ何時起こるかわかりません。

そのため、できることなら
あらかじめ対策しておくことが得策ですが、
何をしたらいいのでしょう?

それはこちら!

  1. バックアップをこまめにとっておく
  2. LINEの引継とトークのバックアップを
    とっておく
  3. iOSのバージョンアップは
    中断されないよう安全な環境で行う
  4. 怪しいアプリをインストールしない
  5. 不要なアプリは削除する
  6. アクセシビリティを有効にしておく
  7. 脱獄しない

消えては困るデータに関しては
こまめにバックアップを取ることを
お勧めします。

特にLINEは自動的にバックアップせず、
全て手動で行わなければいけません。

また、トーク履歴が消えるのが困る人は、
引継設定のほか、トーク履歴も
バックアップもしておきましょう。

あとは落下に気をつけたり、
怪しいアプリをインストールしないこと。

脱獄なんてもってのほかです!

脱獄をしてしまうと
たとえApple Careに加入していても
保証の対象外になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回はバックアップしてない時に
リンゴループになった時の対処法
ご紹介してきました。

ついつい後回しにしてしまいがちな
バックアップですが、
リンゴループはいつ起こるかわかりません。

そしてそんな時に決まって思うのが
ちゃんとバックアップしておけばよかった』。

そんな時の対処法として

  1. iTunesに接続する
  2. ショップに修理依頼を出す
  3. シェアウェアツールを試す

といった方法もありますが、
一番はきちんとバックアップを取ることが
最善の解決策になります。

そしてなった時のことだけを
考えるのではなく、
リンゴループにならないようにするのも
大切な対策です。

また、もしリンゴループになり
データを取り出したい場合は
以下の記事を参考にしてみてください。

リンゴループから救出!データを取り出す方法はある?

100%データが取り出せるわけではないですが、
何もしなければデータは消失したままです。

どうしてもデータを復元したいのであれば
ぜひ試してみてください。


『新型iPhone』の予約なら
ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
在庫の確保が確実なのはオンライン♪

■オンライン予約5つのメリット■

・24時間いつでも申し込める
・余計なオプションに入らなくて良い
・自宅受け取りで待ち時間なし
・発売当日にiPhoneを受け取れる
・店頭で事務手数料を払わなくて良い

など、オンライン予約なら余計な
『時間』や『出費』がかからないですよね♪




iPhoneの予約は
オンラインショップがおすすめ♫
《WEBなら事務手数料が無料!》




タイトルとURLをコピーしました