1. TOP
  2. iPhoneの値下げはいつ?安く買える時期とは?【キャリア別】
iPhone7s/8を確実に入手する方法

iPhoneの値下げはいつ?安く買える時期とは?【キャリア別】

 2017/03/06 0.iPhone8/X 1.iPhone7 2.機種変更
  157,028 Views

iPhoneの値下げのタイミングは、
決まって安くなる時期があります。

iPhoneは値段が結構高いので、
できるだけ安く買いたいですよね?

そこで今回は、
iPhoneをお得に安く購入する方法
について紹介します。

iPhoneの値下げ時期についても、
ドコモ・ソフトバンク・au・SIMフリー
などキャリア別で詳しく調べているので、
参考にしてくださいね(^^)

【追記】

2017年9月13日に新しいiPhone8/Xの
発表がされました!

これに合わせて、
iPhone7の値下げが行われたようです。

詳しくは次の章で解説しますね。

Sponsored Links

iPhoneの値下げはいつ?最新の新価格も公開!

iPhoneの値下げには、
毎年決まった時期があります。
お得な買い時はいつなのでしょうか?

キャリアによって違いはありますが、
大きく分けると年に2回あると言えます。

1つ目は、
新しいiPhoneの発表の時期。
つまり毎年秋の9月ごろですね。

毎年このタイミングは確実なので、
この時期が一番の狙い目となります。

2つ目は、
毎年、年度末の決算期である
3、4月に値下げされることがあります。

こちらはキャリアによっても、
違いがあるので、後に詳しく解説しますね。

 

【9/13 追記】

iPhone7/7Plus/6s/SEの値下げが
2017年9月13日に新しいiPhone8/Xの
発表に合わせて実施されました!

新機種は不具合等の問題もあるので、
新型のiPhoneが出たタイミングで、
1つ前の機種を購入すれば、
安定した機能を使うことができます。

ぜひ新価格を踏まえて、
新型を購入するか、旧モデルで
安くお得に使うかを検討しましょう。

iPhone7/7Plus/6s/SEの新価格表

モデル 旧価格 新価格
iPhone 7(32GB) 72,800円 61,800円
iPhone 7(128GB) 83,800円 72,800円
iPhone 7(256GB) 94,800円 廃止
iPhone 7Plus(32GB) 85,800円 74,800円
iPhone 7Plus(128GB) 96,800円 85,800円
iPhone 7Plus(256GB) 107,800円 廃止
iPhone 6s(32GB) 61,800円 50,800円
iPhone 6s(128GB) 72,800円 61,800円
iPhone SE(32GB) 44,800円 39,800円
iPhone SE(128GB) 55,800円 50,800円

全体的に1万円程度の値下げですね。

どうやらiPhone7/7Plusの256GBモデルは
廃止されたようです。

価格的にiPhone8/Xとあまり
変わらないからでしょうね。

 

それでは、次の章からは、
docomo・SoftBank・auと
キャリア別に詳しく見ていきますね。

Sponsored Links

iPhoneが安くなる時期とは?【キャリア別】

iPhoneを安く買いたい!狙い目はいつ?

「どうせ買うなら安く!」

誰でもお得にiPhoneを手に入れたいですよね。
そしてできれば最新機種を!!

そこで、キャリアによって
安く購入できる時期があるのかを
調査、予測してみました。

旧価格と新価格の差額も紹介していますよ

docomoの場合

まずは、docomoから発売されている
iPhoneを見ていきましょう!

過去モデルの値下げ傾向から見ていくと、

◎iPhone7は、2017年9月13日の
iPhone8の発表日に値下げが実施されました。

値下げの差額は、1万円程度でした。

◎iPhone6sは、2016年9月16日に発売の
iPhone7が出た時に値下げを発表
新規・機種変更ともに値下げがされています。

値下げの差額は、2〜3万円程度です。

◎iPhone6は、2015年9月25日に発売の
iPhone6s登場の1週間前に値下げを発表。

値下げの差額は2万円前後でした。

 

上記を踏まえるとiPhoneの値下げは、

次期iPhoneが発売される時期、新型iPhone発表日〜発売日が狙い目

ということになりそうです。

ここ最近のiPhoneシリーズは
1年に1度9月頃に発売されているので

iPhoneをお得に安く手にいれる
タイミングは毎年9月頃になりますね。

docomoオンラインでiPhoneを予約する

 

モデル 発売日 値引き時期 差額
iPhone7 2016年9月16日 2017年9月13日 1万円~
iPhone6s 2015年9月25日 2016年9月16日 2万円~
iPhone6 2014年9月19日 2015年9月18日 2万円~

auの場合

auも過去モデルの値引き開始日を
振り返って傾向を見てみましょう。

◎iPhone7は、2017年9月13日の
iPhone8の発表日に値下げが実施されました。

値下げの差額は、1万円程度でした。

◎iPhone6sは、iPhone7発売直前の
2016年9月9日
値下げを発表
新規・MNP向けに値下げがされています。

値下げの差額は、3万円前後でした。

機種変更対象には
「iPhone6s機種変更おトク割」適応で
1万5,000円値引きされるキャンペーン
実施されていました。

auでもiPhone新機種が発売される
タイミングで値下げが行われている
ことが分かりますね!

auオンラインでiPhoneを予約する

 

モデル 発売日 値引き時期 差額
iPhone7 2016年9月16日 2017年9月13日 1万円~
iPhone6s 2015年9月25日 2016年9月9日 3万円~
iPhone6 2014年9月19日 2015年9月10日 2万円~

SoftBankの場合

続いてソフトバンクを見てみましょう!

◎iPhone7は、2017年9月13日の
iPhone8の発表日に値下げが実施されました。

値下げの差額は、1万円程度でした。

◎iPhone6sは、iPhone7の発売日である
2016年9月16日に
値下げを発表
新規・機種変更ともに値下げがされています。

値下げの差額は、2〜3万円程度です。

 

上記を踏まえると、
ソフトバンクのiPhone7もdocomo、auと
同様に新機種iPhoneが発売される時期である
「毎年9月頃に2万円前後の値下げがされる
ということになりそうですね!

SoftBankオンラインでiPhoneを予約する

 

モデル 発売日 値引き時期 差額
iPhone7 2016年9月16日 2017年9月13日 1万円~
iPhone6s 2015年9月25日 2016年9月16日 2万円~
iPhone6 2014年9月19日 2015年9月18日 2万円~

 

Apple Store(SIMフリー)の場合

キャリアではないApple Storeで購入できる
SIMフリー機はどうでしょう。

iPhone6sは2段階の値引きがありました。

1回目は、発売日の約半年後(2016年4月)に、
1万円前後の値下げがありました。

2回目は、発売日の1年後(2016年9月)に、
1万円程度の値下げがされていました。

Apple StoreでiPhoneを予約する

SIMフリー機は、
キャリアからの発売ではないので
大幅な値下げや割引などのキャンペーン
ありません。

モデル iPhone7 iPhone6s
発売日 2016年9月16日 2015年9月25日
値引き(1回目) 2017年4月(?) 2016年4月(1万円)
値引き(2回目) 2014年9月(?) 2016年9月(1万円)
Sponsored Links

iPhoneの買い時はいつ?安く買える時期とは

新機種iPhoneが発売される時期の購入が、
どのキャリアも値下げされることが
分かりましたね!

(´・ω・`){あの〜・・・発売したての
最新機種iPhoneを1年も待つなんて
できないんです!

『もっと早く、安く買える時期はありますか?』

実はキャリア販売であれば
おすすめの安く買える時期があるんです!
知ってました?

狙い目その1:決算期の3月

毎年キャリアの決算期である3月
iPhoneを安く買うのにオススメの時期です。

この時期には、例年iPhoneの値下げや
キャンペーンで「月々サポート」の金額
増減されていたりすることが多いです。

iPhone6sの時にも新規・機種変更ともに
1万円前後値下がりしていました。

ただし今はdocomo、au、SoftBank共に
総務省からスマホ販売価格の規制が
かけられている為に、2017年以降の決算期の
値下げはそれほど大幅な値下げ価格にならない
可能性もあります。

狙い目その2:発売開始(9月)から11月頃までの間

え!?って思いますよね。

実は発売開始から11月頃までの間は狙い目
なんですよね。

新型iPhoneが発売された直後の時期は、

  • MNP対象のキャンペーン
  • iPhone下取り割増買取サービス

などのキャンペーンを
適用して大きな割引が受けられます。

例:iPhone7発売時に適応されたキャンペーン《docomo》

『家族まとめて割』
→家族契約で2台以上購入時に新規・機種変更問わず5,184円割引

『ドコモにチェンジ割」』
→MNP対象でiPhone7を購入で月々の基本使用料918円×1年間割引

機種変更応援プログラム
→iPhone7へ機種変更した場合に月300円割引+下取りサービス
(余談:私はこのキャンペーンが適応されました)

 

狙い目その3:発売直後(SoftBankのみ)

実はあまり知られていないのですが、
SoftBankの場合はiPhoneの発売開始直後に
大幅な値下げがあるんです。

iPhone7発売開始直後にMNPで
docomoやauからSoftBankへ移るユーザーを
対象に「のりかえ下取りプログラム」
というキャンペーンがありました。

このキャンペーンは

  • 電源が入って動作する
  • データの初期化がきちんとされている

という条件を満たす、

  • iPhoneシリーズ(iPhone5s以降のもの)
  • Androidスマホ(発売から約1年〜1年半前後のもの)

を下取りに出すと、発売開始直後の
2016年9月時点でも、iPhone7の32GBが
最大実質0円で購入できるというものでした。

⇒SoftBankオンラインで値下げ価格を確認する

ですので次期iPhoneを購入の際にも
上記の狙い目のタイミングでの購入も
オススメです!!

Sponsored Links

逆に値上がり!安く買えないタイミングもある?

逆に絶対に安く買えないタイミングも!

値上がりその1:為替相場の影響

iPhoneは海外のスマホということもあり、
為替相場によって価格が改定される
場合があります。

2014年後半に円安の影響を受けて
Apple StoreのSIMフリー機のiPhone6が
大幅な値上がりをしました。

以下が、当時の値上げ価格です。

ストレージ 改定前 改定後
16GB 67,800円 75,800円
64GB 79,800円 87,800円
128GB 98,800円 99,800円

 

そして2015年5月頃から日本国内の
キャリアも順次iPhone6が値上がりされ、
機種によっては1〜2万円の値上げ
なりました。

その後2016年4月には
円高傾向が続いたことから
AppleStoreのSIMフリー機iPhoneが
全機種値下げされました。

このように、為替相場の影響を
受けている状態となっています。

値上がりその2:国の政策

また、スマートフォンの
本体価格が大幅な値上がりが
懸念される改正案が2016年11月18日、
総務省から公表されました。

その名も
「スマートフォンの過剰な値引き販売の是正
などを求めるガイドライン(指針)の改正案」
※総務省PDFを参照

このガイドラインでは、2017年6月以降に
発売するスマートフォンの販売価格について
2年前の同型機種の下取り価格以上にするよう、
求められています。

例えば、いまiPhone7を買うと
実質1万円くらいで買えます。

しかし2年前の同型機種iPhone6の
下取り価格は17,000〜26,400円相当となります。

この例を総務省のルールに従うと、

2年前の同型機種(iPhone6)の
下取り価格(17,000〜26,400円相当)以上
に販売価格を設定しないといけない
ということです。

つまり実質1万円で買えたものが
約2倍の価格になるということですね。

また「2年前の同型機種」がない端末には、
同程度の端末を参考にするようです。

何であれ、
「1万円を下回る販売は、原則認めない」
ということです。

Sponsored Links

キャリアとの契約内容に注意!

キャリアとの契約内容に注意!

みなさんは「キャリアによる2年契約」
という言葉を聞いたことはありますよね?

俗に2年縛りとも呼ばれるもので、
2年間利用する約束で本体端末価格を
2年かけて分割購入することで一括の購入
よりも安くなるというものです。

キャリア側は2年間利用してもらえるという
メリットがありますが、

この「2年契約」で注意が必要なのが
「違約金」「解約金」の発生です。

違約金や解約金が必要になるケース
・更新月以外の解約時
・契約期間内の機種変更や他社への乗り換え
・途中解約

特に気をつけなければならないのが
「2年契約の自動更新」です。

2年契約では、2年間利用すれば
そのあとは自由に契約内容の
変更や解約ができると思ってしまいがちです。

ですが実際は、2年契約は自動更新されるのです。

実際にdocomoショップで、
2年契約についてクレームを
つけているおじさんがいました(^^;)

2年契約の終了月に解約をしないと
いけない
ということですね。

ただ、2年も間が空いてしまうと
いつが「契約終了の更新月」なのか
忘れてしまいますよね。

実は、キャリア毎に更新月が
確認できるようになっています。

契約終了の更新月確認方法
【docomoでの確認方法】
・My docomoにて常時確認が可能です。

【auでの確認方法】
・auお客様サポートにて常時確認が可能です。

【SoftBankでの確認方法】
・My SoftBankにて常時確認が可能です。
・更新月をメールでお知らせしてくれる機能があります。

iPhoneを安く購入できても、
キャリアとの契約内容によって
違約金や解約金がかかってしまうので、
しっかりと更新月を確認しておきましょう!!

Sponsored Links

まとめ

まとめ
今回は、「iPhoneの値下げの
タイミングと安く購入できる方法」に
ついて記述しました!

iPhoneは結構な価格設定なので、
昔のガラケーと違い、
すぐに買い替えられるような形では
ないですね(^^;)

値下げのタイミングと為替相場を見て、
みなさんも良いiPhone購入ができますように!

ドコモオンラインでiPhone価格を確認する

 

auオンラインでiPhone価格を確認する

 

SoftBankオンラインでiPhone価格を確認する

 

Sponsored Links



新型登場!『iPhone8/X』の予約なら
ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
在庫の確保が確実なのはオンライン♪

■オンライン予約5つのメリット■

・24時間いつでも申し込める
・店頭に行く必要がない
・余計なオプションに入らなくて良い
・自宅受け取りで待ち時間なし
・発売当日にiPhoneを受け取れる

など、オンライン予約なら余計な
『時間』や『出費』がかからないですよね♪









\ SNSでシェアしよう! /

iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

shinom

shinom

iPhoneのフォルムには日々魅了されています。

iphoneを使い始めた当初、全く使い方がわからずそのたびに調べては使いこなしていけるようにしていく日々・・・。簡単とはいえ、使いこなせなければ意味がない!と思い、今でも日々猛勉強中です!最近、Spotifyアプリで様々なCafeMusicを物色中。PinterestとInstagramも大好きです٩( 'ω' )و

小さな使い方の疑問から基礎的な事まで初心者向けにわかりやすく、楽しく情報を提供していければと思います!