1. TOP
  2. 2.iPhone8/X
  3. iPhone7とiPhoneX(テン)どっちが買い?比較してみた【完全版】

iPhone7とiPhoneX(テン)どっちが買い?比較してみた【完全版】

    2007年に初代iphoneが発売され、
    タッチスクリーンの需要が少なかった当時、
    iphoneの登場は革新的で、世界中で
    話題になった事を良く覚えています。

    それから早10年。

    iphoneも様々なシーンで活躍できるようになり、
    機能も益々増え、毎年進化を遂げています。

    今回は、iphone7とこれから発売される
    iPhone発売10周年記念モデルの
    「iphoneX(テン)」を徹底比較します!!

    iphone7を持っている、または
    どちらを購入しようか悩んでいる方に、
    ぜひ見ていただきたい記事です。


    比較1:ストレージ容量と価格

    iphone7のストレージは
    32GB/128GB/256GBの3種類。

    価格は、
    32GB・・・7万2800円
    128GB・・・8万3800円
    256GB ・・・9万4800円
    (発売時価格)
    となっています。

    iphoneXのストレージは
    64GB/256GBの2種類。

    価格は、
    64GB・・・11万2800円
    256GB・・・12万9800円
    となっています。

    iphone7よりXの方が高値での発売ですね。

    Sponsored Links

    比較2:カラーバリエーション

    iphone7のカラーバリエーションは5種類+1種類。
    ジェットブラック
    ブラック
    シルバー
    ゴールド
    ローズゴールド
    プロダクト レッド(2017年3月25日発売の特別モデル)

    となっています。

    対して、iphoneXのカラーバリエーションは
    スペースグレイ
    シルバー
    の2色のみです。

    今回のiphoneXは機能性の変化がメインとなり、
    カラーバリエーションは控えめにしたようですね。


    比較3:新機能・スペック・バッテリー容量

    新機能

    iphone6sからiphone7への新機能としては、
    本体の薄型化
    カメラ機能のバージョンアップ
    防水・防塵機能追加、
    ホームボタンのタッチ化(Taptic Engine搭載)
    でした。

    iphoneXには
    紋認証機能であるTouch IDの代わりに、
    TrueDepthカメラで
    顔を立体的に
    認識する顔認証システム

    Face ID」を搭載しています。

    それに伴い、ユーザーの表情や言葉を
    読み取りアニメーションに変換する機能
    Animoji(アニ文字)」も追加されました。

    スペック

    iphone7のチップはA10 Fusionで、
    iPhone 6sのA9より全体的に
    30〜40%の性能向上しています。

    iphoneXのチップであるA11 Bionic
    効率性がA10 Fusionより最大70%向上、
    性能コアは最大25%向上しており、
    消費電力を抑えながらすばやく処理が
    できるようになりました。

    バッテリー容量

    iPhone 7のバッテリー容量は、
    連続通話最大14時間
    オーディオ再生最大40時間
    です。

    Phone Xはというと、
    連続通話最大21時間
    オーディオ再生最大60時間
    となっています。
    iphoneXではワイヤレス充電が可能になり、
    前機種より、高速充電に対応するようになりました、

    1回の充電によるバッテリー駆動時間が
    iPhone 7よりiphoneXのほうが最大2時間長くなっています。


    比較4:デザイン性&本体サイズ

    iPhone 7 ・・・4.7インチ、高さ138.3 mm / 幅67.1 mm / 厚さ7.1 mm

    iphone史上最もカラーバリエーションが多いiphone7。

    完全防塵」「30分間の水没に耐えられる防水性能」
    をもったIP67となり、今まで不便とされていた
    「フェリカ機能」を搭載した機種になったことにより、
    おサイフケータイのように、コンビニでの支払いや
    Suicaが利用可能になりました。

    iPhone X・・・5.8インチ、 高さ143.6 mm / 幅70.9 mm / 厚さ7.7 mm、重量:174 g。

    最大の特徴としてはデザインを一新、
    全画面ディスプレイに!

    ホームボタンを廃止し、電源ボタンを兼ねる
    「サイドボタン」に様々な機能が付加されました。

    ディスプレイはどんな場面でも画像が美しく
    見えるよう周囲の状況によってホワイトバランスを
    自動変更できる「TrueTone」技術を採用。

    また、アップルにとって初採用である、
    有機ELを使用したことで、暗い部分は
    より暗く、ほかの色はより豊かに見え、
    そしてテキストは読みやすくなっています。


    比較5:カメラの性能

    iphone7は、メインカメラとして、
    以前の機種よりも少し大きくなった
    iSightカメラが搭載。

    6枚構成のレンズで1,200万画素、f値1.8で、
    最大5倍のデジタルズームに対応。
    光学式手ぶれ補正のほか、広色域
    キャプチャなどの新機能も搭載されています。

    iphoneXは、12MPのセンサーを搭載。
    前景をシャープにとらえたまま、背景を
    巧みにぼかした美しいセルフィーを
    撮影できるという新機能ポートレート
    ライティング
    を採用。

    OISを備えた新しい望遠カメラも搭載しました。
    背面のメインカメラは7 Plus/8 Plusと異なり
    2つのレンズを縦並びに変更、両方のレンズが
    光学式手ぶれ補正に対応しています。


    比較6.その他性能

    イヤホンジャック

    iPhone 7からすでにイヤホンジャックは
    廃止されており、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」
    「iPhone X」にもイヤホンジャックはありません。

    専用の変換ケーブル(Lightning-3.5mm
    ヘッドホンジャックアダプタ)を利用することで、
    イヤホンを接続することは可能です。

    ワイヤレス充電

    iphone7には無い機能になりますが、
    iPhone Xには新たにワイヤレス充電
    高速充電が加わりました。

    ワイヤレス充電は、「Qi(チー)」という規格の
    ワイヤレス充電器に対応しており、充電パッドに
    置くだけでiPhoneの充電が出来ます。

    高速充電は、専用のアダプタとケーブルを
    使用することで、バッテリーを最大50%まで
    30分で充電できる機能です。

    Bluetooth

    ケーブルを使わずに、ワイヤレスで接続し、
    機器間で音声やデータをやりとりすることが
    できるBluetooth。

    iphone7のバージョンは4.2ワイヤレステクノロジーです。

    iphoneXのBluetoothはバージョンが5.0となり、
    位置情報取得に使う衛星の種類が増え、
    より無線通信の安定性が向上しています。


    まとめ

    いかがでしたか?

    私はiphone7を使用しておりますが、
    iphoneXのイメージは「革新的」だと
    思っています。

    カラーバリエーションや今までの
    iphoneの使い勝手を考えると、
    iphone7かiphoneXかは悩むところですね。

    個人的には、iphone7とiphoneXの使用感は
    全く別物、と考えたほうが良いと思います。

    iphoneユーザーで新たな事を試したい
    のであれば、iphoneX、
    今までの使用感で、カラーを選べて、
    かつ価格を抑えたい方にはiphone7を
    おススメしたいと思います!!

    iphone8とiphoneXの発売に伴い、
    各キャリアでの割引やキャンペーン等も
    増えてきています。
    乗り換えするか、今までのキャリアで
    機種変更するか、こちらも合わせて考えたいですよね。

    ソフトバンクオンラインで確認する

     

    auオンラインで確認する

     

    docomoオンラインで確認する

     




    新型登場!『iPhone8/X』の予約なら
    ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
    在庫の確保が確実なのはオンライン♪

    ■オンライン予約5つのメリット■

    ・24時間いつでも申し込める
    ・余計なオプションに入らなくて良い
    ・自宅受け取りで待ち時間なし
    ・発売当日にiPhoneを受け取れる
    ・店頭で事務手数料を払わなくて良い

    など、オンライン予約なら余計な
    『時間』や『出費』がかからないですよね♪




    iPhoneの予約は
    オンラインショップがおすすめ♫
    《WEBなら事務手数料が無料!》




    【関連する人気記事】


    スマホを『激安』で使うならLINEモバイル
    格安SIMでスマホ料金を節約したいけど、

    ・設定方法が難しいんじゃないか?
    ・通話の回線繋がりにくいんじゃ?
    ・安いと思っても高くなるんじゃないか?

    などの不安がありませんか?

    そんなあなたにおすすめなのは、
    最近テレビCMでも話題の『LINEモバイル』
    LINEモバイルであれば、

    ・SIMカードを入れて簡単な設定のみ
    (※SIMフリー・docomoの端末)
    ・docomo回線と同じエリアに対応
    ・余ったデータ通信量はLINEの友達にプレゼントできる
    ・サポート窓口が多く手厚い
    ・データ残量やフィルタリングなど子供用にも安心

    など、使いやすサービスやプランが充実。
    料金プランも3つとシンプルで

    ・安いものだと500円~
    ・高いプランでも1810円~

    と低価格なプランばかり。

    ⇒LINEモバイルの詳細を公式サイトで確認する


    \ SNSでシェアしよう! /

    iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    iPhone辞典の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    rasari

    rasari

    iphoneは4sから所持しています。現在は娘が6、私が7を使用中。
    初めはなかなか使い慣れなかったiphoneですが、
    ようやく使いこなせるようになってきました^^
    まだまだ勉強中ですが、皆さんのお役に立てると嬉しいです☆

      この人が書いた記事  記事一覧

      • iPhone7とiPhoneX(テン)どっちが買い?比較してみた【完全版】

      • iPhoneに機種変更!Andoidからデータ移行する方法

      • iPhoneのイヤホン!純正の音質を向上させる3つの方法とは

      • iPhoneの履歴が削除できない!バレる前に対処したい設定法