1. TOP
  2. 故障・トラブル
  3. iPhoneのブックマークが!復活させる3つの方法とは?

iPhoneのブックマークが!復活させる3つの方法とは?

故障・トラブル
  2,176 Views

特に特別な操作もしてない。いつもの通り
iPhoneを使用していたはずなのに…

気が付いたら

Safariのブックマークが
消えてしまっていた!
なんて経験はありますよね。

 

今回はその消えてしまったブックマークの
復元の仕方をご紹介します。

Sponsored Links

 

iPhoneのブックマークが消えた!その原因は?

ブックマークが消えてしまう原因
実はiPhone自体にあることが多いです。

 

  • 電源を切らず、ずっと使い続けてる
  • インターネットのページ(タブ)やアプリを開きすぎている

 

人の体も休ませず働かせれば、
思うように動けなくなることがありますよね?

機械も一緒でスリープモードにするだけでは、
休ませていることにはなりません。

動かし続ければ、

原因不明のエラーを起こし

フリーズやネットの接続不良
履歴が消えたり…。

故障かと疑う事柄が起こります。

こんな症状が出たときは焦らず、
まずこちらを試してみてください。

消えたor消してしまったブックマークを復元させる3つの方法!

復元」という言葉を聞いて、
大半の人が、

難しそうだから、できない

とおっしゃいます。

今のスマホは電話とはいえ、
もはや小さなパソコンのようなもの…

電話やメール、ゲーム以外の操作=難しいもの

というイメージが根強いのも事実です。

ですが、これから紹介することは
誰でも簡単にできることなので

消えたことで諦めるのではなく、
まず試してみてください。

 

1.アプリ・端末の再起動

まずはSafariを再起動させてみましょう。

ホームボタンを押して閉じるだけではだめです。
ホームボタンを2回押して

Safariを完全に閉じてください

それでも治らない場合は、
ホームボタンとスリープボタンを
同時に長押しして

iPhoneの再起動を行いましょう。

これで大半のiPhoneは正常に動くようになり、
ブックマークも復元されるはずです。

Sponsored Links

 

2.iCloudを使った復元

アプリやiPhoneの再起動を行っても
解決できない場合は、
iCloudからサインアウト、再サインイン
してみましょう。

方法としては、

1.iPhone上の「設定」をタップ

2.「iCloud」
→画面下に赤字で「サインアウト」とあるので、
タップしてサインアウト。

 

その際に、

iPhone上の、以前同期したiCloud連絡先は
どうしますか

と問われますので、

iPhoneに残すを選択してください。

残さない場合、

連絡先が消えてしまう

恐れがありますので、
注意してください。

 

サインアウトが出来ましたら、
再度サインインをしましょう。

1.iPhone上の「設定」をタップ

2.「iCloud」
→Apple IDとパスワードを入力
→「サインイン」をタップすれば完了です。

 

3.復元ソフトを使う

1と2を試してもなお復元ができない場合、
復元ソフトを利用します。

バックアップの有無に関わらず、
iPhoneのブックマークを復元することが
できます。

 

ここでご紹介するのは
PhoneRescue」という、
ios端末向けのデータ復元用のソフトで、
ここでは、
バックアップがなかった時を例にご紹介します。

  1. PCに「PhoneRescue」をインストールし、
    立ち上げ、iPhoneをPCに接続。

    復元モードを選択し、
    iosデバイスからリカバリー」を選択。

    *もし、バックアップがある場合は
    「iTunes(iCloud)からリカバリー」を選択

  2. 復元したいカテゴリーの中から
    Safariブックマーク」を選択し、
    「OK」をクリック。

  3. するとiPhoneの分析を開始します。

    その分析が終わったら、
    画面右上にて
    「削除された項目を表示」を選択。

  4. 画面右下に
    「パソコンへ復元」または「iPhoneに復元」と
    選択できますので、選択し、クリック
  5. これでブックマークの復元が
    可能となります。
Sponsored Links

 

iPhoneのブックマークをバックアップする方法とは?

iPhoneは、
その1台の端末の中で
様々なデータを保存しています。

管理をするのが便利な反面、
盗難や紛失、葉損、誤操作による削除
などによって、

大切なデータを消失するリスクもあり

こまめなバックアップを
自身で行う必要があります。

 

その方法は以下の通りです。

 

 iCloudにてバックアップをする。

一番簡単なのは
iCloudにバックアップをすることです。

万が一データを消失したとしても、
再度iCloudにサインインをすれば、

データが戻ってくるからです。

また、iCloudには
自動バックアップ機能
あります。

 

  • WiFiに接続されている
  • 電源コードが接続されている(充電中など)
  • スリープモードになっている
  • iCloudに空き容量がある
    (無料で使えるのは5GBまで)

 

が条件で、
これらの条件を満たしていれば、定期的に
自動でバックアップ
してくれます。

操作方法は以下の通りです。

  • 「設定」をタップ
  • 「iCloud」を選択し、
    その中の「Safari」をオンにする
  • 「結合」をクリックし、
    iCloud上のデータと
    Safariのデータを結合しておく。

 

「知らないうちに
バックアップされていた。」

 

という人が多いですが、

これは初期設定の段階で
自動バックアップ設定がされている
ことが
多いからです。

 

iTunesでバックアップをする

バックアップしたいデータ量が多く、
iCloudの容量だけでは
バックアップが取り切れないという人は、
こちらの方法がおすすめです。

こちらはPC上で
iPhoneの全データをバックアップ出来るので、
どれかのデータを諦める必要がなくなります。

 

いかがでしたか?

私たちの大切なデータは一度消失したら、
復元することが難しいです。

無くなった後で後悔することの無いように、
定期的にバックアップするように
心がけましょう。

Sponsored Links



新型登場!『iPhone8/X』の予約なら
ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
在庫の確保が確実なのはオンライン♪

■オンライン予約5つのメリット■

・24時間いつでも申し込める
・余計なオプションに入らなくて良い
・自宅受け取りで待ち時間なし
・発売当日にiPhoneを受け取れる
・店頭で事務手数料を払わなくて良い

など、オンライン予約なら余計な
『時間』や『出費』がかからないですよね♪





iPhoneの予約は
オンラインショップがおすすめ♫
《WEBなら事務手数料が無料!》



\ SNSでシェアしよう! /

iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

うぶ

うぶ

現在産休中のショップ店員です。

自身はiPhone愛用中❤︎

ショップ店員の知識を活かして、
皆さんの手助けが出来るような記事作りを
心がけていきます!