1. TOP
  2. 故障・トラブル
  3. iPhoneが充電で熱くなる!コンセントも熱い時の対処法!

iPhoneが充電で熱くなる!コンセントも熱い時の対処法!

 2017/02/25 故障・トラブル  

みなさん、こんにちは!
寒い部屋で、iPhoneいじっていると
手がかじかんで、なかなか思うように
操作ができないShinomです(^^;)

そんなときは、充電器にiPhoneをつなげて
暖をとったりします(笑)

iPhoneって、充電しているとき
どうして熱くなるのでしょうか?

今回は、
【iPhoneが充電で熱くなる原因と、対処法】
について書き記したいと思います!

Sponsored Links

iPhoneが充電中に熱くなる原因とは?

iPhoneが充電中に熱くなる原因とは?

iPhoneが充電中に熱くなる原因は
大きく分けて2種類です。

「外部要因」「内部要因」です。

外部要因は、
1:直射日光
2:室温の高いところでの使用
3:スマートフォンケース

内部要因は
1:バッテリー
2:プログラムのエラー(端末の不具合)

があります。

ケースなど端末の周辺の影響

まずは、「外部要因」から見ていきましょう!

1:直射日光

夏の暑い時期に、フェスやお出かけに行って
充電がなくなり、充電器に指して
手に持てなくなるくらい
iPhoneが熱くなったことはありませんか?

炎天下の直射日光の下では、
iPhoneでなくても、熱くなりますが、
さらに、充電をして熱を加える・・・という

直射日光は熱くなりますね。

2:室温の高いところでの使用

直射日光同様、室温の高いところで
iPhoneを使用すると、iPhoneも熱くなりやすくなります。

例をあげるならば、
車のダッシュボードでナビ(GoogleMapなど)
を使用したり・・・。

車の中に置くとした場合、
気温の低いところで、尚且つ
直射日光の当たらないところに置きましょう。

3:スマートフォンケース(カバー)

意外なのが、「iPhoneカバー」です。

iPhoneが出るたびに、
iPhoneカバーやケースも様々な
素材やデザインで、出てくるので、
見るのも、買うのも、使うのも
楽しいですよね(^^)♪

ただ、このiPhoneカバーやケース、
意外としっかりとした作りのものだと
「熱がこもりやすく」なってしまいます。

外部要因を気をつけるだけでも、
iPhoneは熱を溜め込まず、
あまり熱さを気にせず使用することができます!

Sponsored Links

バッテリーの問題

外部要因に続いては、
「内部要因」についてです。

まずは、iPhoneの電池(バッテリー)部分
についてお話をしたいと思います。

iPhoneに限った話ではないのですが、
スマートフォンなどの携帯電話は、
二次電池(以下、バッテリーと言いますね^^)を
内蔵した小型デバイスとなります。

このバッテリーが、充電をした時に
バッテリーの充電を制御する部分が活性化して、
普段よりも熱を帯びる・・・という仕組みになります。

また、バッテリーの電圧も上昇するので、
電圧の上昇とともに、更に発熱し、
手に持つと熱く感じる!というわけです。

ここで、注意するのは、
「充電中にiPhoneを使い続ける」ということ!

私もよく充電しながら
スマホゲームしたり、
音楽聴いたり、
メールチェックしたり、
SNS確認したり、
動画みたり、、、と
NGな行動を行ってしまっています(反省)

充電しながらiPhoneを使い続けると
CPUなどの内蔵されている部品に負荷がかかります。

負荷がかかると、作動している分の
発熱量もかかります。
充電して、発熱している+作動させて、発熱させる
=内蔵部品に負荷がかかる→iPhoneの寿命も縮まる。
という負の連鎖に。。。

注意しましょう!

端末の不具合の可能性

これが一番厄介な「内部要因」ですね。

端末の不具合(しかも内部の)と考えると
おおかた「プログラムのエラー」が原因だと思われます。

先ほどの「バッテリーの話」で
iPhoneに内蔵されている部品(CPUなど)を
使用して、発熱するとお話をしました。

この内蔵されている部品(CPUなど)が
「プログラムのエラー」で、
ずーーーーっと作動している状態だったら
どうなるでしょうか。

使っていないのに、
計算し続け、CPUを使い続け、iPhoneが発熱し続ける。。。

(X_X ;)/{これじゃ、休めないよー!熱々だよー!)

しかも、充電し更に負荷をかける。
熱くなるのも、当たり前ですね(^^;

Sponsored Links

iPhoneが充電中に熱くなる時の対処法を紹介!

iPhoneが充電中に熱くなる時の対処法を紹介!

一時期、出回っていた「ウソ」の対処法
”発熱したiPhoneを冷蔵庫に入れて
冷却する”というものがありました(笑)

(私も、ガラケーの時に
よく冷蔵庫に入れていました^^;)

実は、これ
iPhoneが結露して、
iPhone内部の基盤などが故障してしまうので、
絶対にやらないでください!!!

気を取り直して、「ホント」の対処法を
ご紹介します。

充電中のiPhoneの発熱に対しての
一番の対処方は、
「充電中は、なるべく操作をおこなわない」
これに尽きます!

あまりにも、熱くなりすぎるときは、
故障の可能性もあるので、
Appleサポートへ問い合わせるのが
一番ですね!

■Appleサポート■
電話:0120-27753-5
オンライン:お問い合わせURL

コンセントまで熱くなった時の対処法

使用している充電器は
「純正充電器プラグ」ですか?

過去に、他社製の充電器事故を受けて、
Appleが、わざわざ回収し、純正充電器の格安提供を
実施したこともありました。

それくらい、充電器の品質は重要です。

安価だから、、、といって、
メーカー名も不明な製品を使用せず、
純正の製品を使いましょう!

異常ではない場合も

異常ではない場合も

ここまで、iPhoneの発熱(主に充電状態)に
ついてをお話してきました。

iPhoneをはじめとした
スマートフォンが1人につき1台(それ以上の人も)
当たり前のように手元にある生活。
この数十年で、比べ物にならないくらい
性能もあがり、安全性も向上しています。

普段、発熱などの異常が無いとしても、
「人の手で作ったもの」には
変わりありません。

最新の技術を集結し、
安全対策を施した乗り物でさえも、
不幸な事故があるように
100%必ず、絶対に安心というものは
ありえません。

いい加減な扱いをせず、
正しい使用方法で、便利に活用していきましょう!

まとめ

まとめ

私も、書き記しながら
iPhoneで暖をとっている場合ではないなぁと
反省をしております。

まずは、充電しながら
ホットカーペットの上に置いたり
ゲームをすることを止めようと思います!!

みなさんも、正しい使用方法で
安全なiPhoneライフをお送りください(ゝ∀・)b

Sponsored Links



新型登場!『iPhone8/X』の予約なら
ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
在庫の確保が確実なのはオンライン♪

■オンライン予約5つのメリット■

・24時間いつでも申し込める
・余計なオプションに入らなくて良い
・自宅受け取りで待ち時間なし
・発売当日にiPhoneを受け取れる
・店頭で事務手数料を払わなくて良い

など、オンライン予約なら余計な
『時間』や『出費』がかからないですよね♪





iPhoneの予約は
オンラインショップがおすすめ♫
《WEBなら事務手数料が無料!》



\ SNSでシェアしよう! /

iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

shinom

shinom

iPhoneのフォルムには日々魅了されています。

iphoneを使い始めた当初、全く使い方がわからずそのたびに調べては使いこなしていけるようにしていく日々・・・。簡単とはいえ、使いこなせなければ意味がない!と思い、今でも日々猛勉強中です!最近、Spotifyアプリで様々なCafeMusicを物色中。PinterestとInstagramも大好きです٩( 'ω' )و

小さな使い方の疑問から基礎的な事まで初心者向けにわかりやすく、楽しく情報を提供していければと思います!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ApplePayでVISAを使いたい!クレジットカードの登録と使い方

  • iPhoneの写真を復活!消した写真を復元させる5つの方法

  • iPhoneでコピペ出来ない時に試す3つの解決法【完全版】

  • iPhoneのAppleCareにあとから入る!加入条件と方法とは?

関連記事

  • iPhoneの同期を解除!写真を自動アップロードしない設定法

  • iPhoneの電話が切れる!その原因と快適に通話する方法

  • iPhoneのメモリ!アクティブが多い時に軽くする5つの方法

  • iPhoneのリーディングリストが消えた!復元方法を解説

  • iPhoneマイクの感度が悪い!電話が聞こえづらい時の対処法

  • iPhoneが強制終了できない!リンゴループの原因と対処法とは?