iPhoneにMP3をダウンロード!保存&場所は?再生方法も解説

音楽

2001年、当時フラッシュメモリが主流だった
ポータブルミュージックプレイヤーが

大容量ハードディスクドライブ採用の
iPodが発売された事により注目を集めました。

それから6年後の2007年に
私たちが愛するiPhoneの初代が
発売されました。

電話としても音楽プレーヤーとしても
優秀なiPhoneですが、

音楽アプリの中には
自分が聴きたい楽曲がないと
諦めている人もいると思います。

ですが諦める必要はありません!

ネット上には意外と楽曲が落ちており
それをiPhoneに入れられれば
聴けるようになるのです!!

そこで今回は
iPhoneにMP3をダウンロードする方法
についてご紹介していきます!

  • MP3の楽曲のダウンロード方法
  • MP3の再生方法
  • MP3の使いこなし方

など詳しく解説していきたいと思います!


iPhoneにMP3音楽をダウンロード&保存する方法とは?

昔から音楽ファイルとして
MP3やMP4という言葉を
聞いたことがあると思いますが、

このMP3やMP4ってなんのことか
ご存知ですか?

これらは音声データや映像などの
圧縮方法のことをさします。

この圧縮方法に関しては
やり方は他にも様々あるのですが、
音楽ファイルで主に使われているのは
『MP3』です。

ネット上にあるのもこのMP3が多く、
アレンジされた曲もあったりするので
『聴きたい』と思うことも多いことでしょう。

ですがiPhoneとApple純正アプリの
組み合わせでは
MP3ファイルのダウンロードはできません。

ではどうすればMP3ファイルのダウンロードが
できるのか…

その方法はこちらです!

  • アプリを使ってダウンロードする
  • パソコンから取り込む

では実際にどうすればできるのか
それぞれ詳しくご紹介していきます。

アプリを使ってダウンロードする方法

まずは、アプリを使ってMP3を
iPhoneにダウンロードする方法から
見てみましょう(ノ´▽`)ノ♪

Apple Storeアプリを見てみたら
良さそうなアプリがありました!

OPlayer Lite


(出典:https://itunes.apple.com/jp/)

音楽だけでなく動画ファイルの
どの格式でも再生できるアプリです。

ネットワークから
そのMP3ファイルを検索したり、

WiFi転送機能を使うことで
PCに保存しているファイルも
再生することが可能になっています。

また、クラウドでファイル共有していれば
クラウド上にあるファイルも
再生できますので
端末の容量を圧迫することもありません。

わざわざファイルの移動など
面倒な作業も無くなるので
より簡単に再生できるようになりました。

パソコンから取り込みをする方法

続いてはパソコンから
取り込みをする方法です。

iPhoneユーザーは
iTunesを使用する方法が一番簡単と言えます。

iTunes

(出典:https://support.apple.com/)

発売されてるCDから自作のCDまで
好きな曲を取り込み放題となっています。

まずはパソコンを起動した上で
iTunesを立ち上げてください。

このiTunesに好きな楽曲を
保存していきます!

その保存する際には
必ず『MP3』を選択するようにしてください。

もしこれで選択できない
保護されているファイルは取り込めないので
注意しましょう。

[手順1] パソコンからiTunesへのMP3の取り込み方

iTunesの画面左上のメニュー「ファイル」から
「ライブラリに追加」を選択します。

ネットやCDから保存した曲を選んで、
iTunesに取り込みます。

これで終了です。

やっぱりiTunesは早いですね!!

[手順2] iTunesからiPhoneのミュージックへの入れ方

ここからが重要ですね(^^)

パソコンにLightningケーブルを繋いで
iPhoneを接続します。

するとパソコン画面のiTunesに
iPhoneが出てくるので、選択します。

右下の「同期ボタン」を
押したら、先ほど取り込んだ曲が
iPhoneに同期されます♩

なんて簡単なんでしょう!

これで終了です(^^)

MP3音源の保存場所はどこ?

さてさて…
皆さんに質問です。

今回iPhoneに入れたこの楽曲、
どこに入っているかわかりますか?

答えはMUSICアプリの中の
『最近追加した項目』の中です。


一番最近入れた曲は
フォルダを開かずとも曲名が表示されるので
とてもわかりやすいです。


ダウンロードしたMP3をiPhoneで再生する方法とは?

この曲を聴くためには
どうしたら良いのでしょう?

それは曲名の横にある
ダウンロードマークを押して
iPhoneに完全にダウンロードをします。

こうすることによりオフラインでも
いつでも再生できます♩

ダウンロードしたMP3を着信音にする方法

昔は着信音の方が普及しており
多くの曲がダウンロード されていました。

しかしいま、着信音としての楽曲は
年々少なくなっており、
元々の設定の音を使う人が多くなりました。

メールに関しては『ピロン♩』という
通知音になりましたしね(^^;)

それでも『着信音を使いたい!』
という人も中にはいます。

そんなときはこの方法を
取ってみてください。

まずは事前準備として
iTunesの読み込み設定を行います。


(出典:https://sachips.byeto.jp)

iTunesを立ち上げ、環境設定を開きます。
(Windowsでは「編集」→「設定」)

『一般』のタブの中にある
『読み込み設定』のボタンを押します。


(出典:https://sachips.byeto.jp)

読み込み設定が開くので、
『読み込み方法』を
『AACエンコーダ』にして『OK』を押します。

あとは着信音にしたい曲を編集します。

もともとの曲長が30秒までならば
ファイル拡張子を
着信音用の「m4r」に書き換えます。

30秒以上の曲に関しては
曲の開始〜停止時間を30秒以内に書き換えます。


(出典:https://sachips.byeto.jp)

着信音にしたい曲を
右クリックし『情報を見る』を押します。
(Windowsでは『プロパティ』)


(出典:https://sachips.byeto.jp)

『オプション』のタブの中に
『開始時間』と『停止時間』があるので
調整して曲を30秒以内に書き換えます。


(出典:https://sachips.byeto.jp)

もう一度着信音にしたい曲を右クリックし、
今度は『AACバージョンを作成』を押します。

最後に作成できたAACファイルを
『m4r』に変更したら完了です。


youtubeの音をMP3に変換してiPhoneに保存できる?

数年前にはYouTubeから
音楽をMP3に変換してダウンロードをする
ということができたので、
やったことがあるという人も
結構いるのではないでしょうか?

しかし、今現在ではほとんどのアプリで
YouTubeの動画をダウンロードすることが
できなくなっています。

ですがあくまでほとんどなので
できるアプリも存在はしてます。

その一つが
動画クリップ再生-動画保存アプリ-』です。

ダウンロードしたアプリで
動画サイトへのリンクが表示されているので
そこからアクセスするか、

『検索』と書かれた部分に
キーワードを入力して検索します。

ダウンロードしたい動画ページに
アクセスできたら
動画を再生し、画面下にある
『ダウンロード』アイコンをタップします。

ダウンロードした動画は
『Downloadリスト』から
確認することができます。

iPhoneでMP3を使いこなす!よくある疑問Q&A

よくパソコンの用語を聞くと
『使いこなせないのでは?』と
不安になる人がいます。

ですが、このMP3に関しては
難しい事はありません。

それこそ、ファイルの種類を
変換することもできますし、
送信や転送をすることもできます。

ですがやり方がわからなければ
何が難しくないのかなんて
わからないですよね?

以下では

  • iPhoneでMP3は編集する方法
  • iPhoneに保存したMP3をメールで送る方法
  • itunesを使わずにiPhoneにMP3を取り込みする方法
  • iPhoneでMP3音声ファイルを録音&パソコンに転送する方法

を紹介していきたいと思います。


iPhoneでMP3は編集できる?

好きな曲や自作の楽曲などで
音楽を編集したいという人は
iPhoneでできるならやりたいですよね?

それこそ上記でご紹介した着信音作成も
このMP3の編集の一つです。

これらのMp3の編集は
音声編集アプリを使えば簡単にできます。

特にオススメなのは
音楽編集アプリ ソングカッター』です。

(出典:https://itunes.apple.com/jp/)

これは音楽や音声を録音・編集ができる
アプリっとなっています。

切り取りやコピー、貼り付けはもちろん
様々なオーディオツールが使用できます。

iPhoneに保存したMP3をメールで送る方法

今までに写真や動画を
添付して送ったことがある人ならば
こちらも簡単にできます。

iPhoneにはオーディオを添付したメッセージ
『オーディオメッセージ』が送信できます。

キャリアによってサイズ制限はありますが
基本的にiPhoneでは添付したファイルは
必要に応じて自動的に圧縮されます。

よほど大きすぎるファイルでなければ
送れるでしょう。


メッセージ作成画面で
ミュージックのマークをタップします。

この表記でない人はアプリマーク(A)をタップ後
ミュージックマークをタップしてください。

その後送りたい楽曲を選択して送信すれば
完了となります。


itunesを使わずにiPhoneにMP3を取り込みする方法はある?

MP3を取り込むとなると方法は2つです。

  • iTunesを使う
  • アプリを使う

そのiTunesを使いたくない人は
アプリを使用する必要があります。

その方法は上記をご確認ください。

iPhoneでMP3音声ファイルを録音&パソコンに転送する方法

皆さんは『ボイスメモ』という
アプリをご存知ですか?


(出典:https://itunes.apple.com/jp/)

これはiPhoneに
標準でついている録音アプリで、
これを使用して録音したものは
MP3で保存されます。

他のアプリを
わざわざ取らなくてもいいんです!

そしてこれをパソコンに転送する際は
iTunesに同期をすればいいのです。

iPhoneを同期した時に
転送できるのは
何も写真や動画だけではありません。

メモやボイスメモも同期することで
パソコンに移すことができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は
iPhoneにMP3をダウンロードする方法
についてご紹介していきました。

iPhoneでMP3をダウンロードするには
2つしか方法はありません。

  • iTunesを使う
  • アプリを使う

これらの方法を取って入れた
MP3は基本的には
ミュージックアプリに入りますので
そこから確認してもらえたらと思います。 

ですがこれらが面倒と考える人も
やはりいるわけで…

そんな人にはこちらの記事が
オススメです。

iPhoneの音楽アプリ!無料で楽しめるおすすめ10選!

こちらはわざわざMP3を
ダウンロードしなくても音楽を
iPhoneで聞くことができます。

どうしても楽な方法で音楽鑑賞したい人は
ぜひこの方法を取っていただきながら
楽しい音楽ライフを過ごしてください。


『新型iPhone』の予約なら
ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
在庫の確保が確実なのはオンライン♪

■オンライン予約5つのメリット■

・24時間いつでも申し込める
・余計なオプションに入らなくて良い
・自宅受け取りで待ち時間なし
・発売当日にiPhoneを受け取れる
・店頭で事務手数料を払わなくて良い

など、オンライン予約なら余計な
『時間』や『出費』がかからないですよね♪




iPhoneの予約は
オンラインショップがおすすめ♫
《WEBなら事務手数料が無料!》




音楽
iPhone辞典
タイトルとURLをコピーしました