1. TOP
  2. 2.iPhone8/X
  3. iPhone8/8Plusの色や機能・スペックまとめ【完全版】

iPhone8/8Plusの色や機能・スペックまとめ【完全版】

    9月13日早朝、ついに
    iPhone8/8Plusの情報が

    発表されましたね!

    待ちかねていた方も多かったと思います。

    新iPhoneが出ることを期待して
    機種変更するのを待っていた人も
    いたのではないでしょうか。

    期待に満ちたiPhone8、

    日本では
    9月15日 16:01から予約開始
    9月22日に発売されます。

    そんなiPhone8ですが、
    iPhone7とどこが違うのか
    ご紹介していきたいと思います。


    iPhone8/8Plusだけの新機能とは?

    今回発売となるiPhone8

    今までのiPhoneにはない
    新機能が搭載されました。

    これがこちら!

    その1:ワイヤレス充電

    新しいiPhone8。
    充電ケーブル無しでも
    充電が可能になりました。

    それがワイヤレス充電機能

    国際標準規格・Qiに対応した
    充電パッドに置くだけ!

    今まで外出先で充電したいときは
    モバイルバッテリーが必要で
    物によっては

    iPhoneのバッテリー寿命を縮めてしまう
    恐れがありました。

    このワイヤレス充電器があれば、

    場所を選ばず、
    コンセントを探す必要が無くなりますね。

    その2:高速充電

    変わったのは、
    ワイヤレスになっただけではありません。

    高速充電にも対応できるようになり、
    30分で50%の充電が可能になりました。

    ですが、この高速充電、
    Apple USB-C電源アダプタ

    • 29WモデルA1540
    • 61WモデルA1718
    • 87WモデルA1719

    等のアクセサリを使用”と
    注意書きにも書かれている通り、

    どの充電器でもできるわけではないので
    ご注意下さい。

    その3:ポートレートモード(iPhone8Plusのみ)

    そもそも“ポートレートモード”とは何か。
    これはカメラの機能のことで、
    被写体をくっきりと、背景はぼかして撮る
    撮り方になります。

    こちらはiPhone8Plusのみ搭載となります。

    その4:ポートレートライティング(iPhone8Plusのみ)

    この機能は、ポートレートモードに
    更に機械学習を使用し、
    ライティング(lighting)の効果を変える
    機能のことです。

    まるでプロのカメラマンが、

    高価な照明装置のあるスタジオで
    撮影したかのような写真が

    iPhoneで撮ることが出来るのです。

    その5:ARアプリ

    今回のiPhoneから搭載されるios11。

    このios11から
    AR対応が本格的にスタートします。

    このARとは
    現実世界の空間を認識し、
    デジタルな情報や
    3Dモデルを表示すること言います。

    社会現象となった
    ポケモンGO』で
    ポケモンを捕まえる際に表示される
    カメラ機能が分かりやすいでしょう。

    今後この機能を使ったアプリが
    続々と配信予定となっています。


    iPhone8/8Plusの新デザイン!

    iPhone8はデザインが一新。

    ガラスから生まれたiPhone
    とAppleが謳っているとおり

    最も耐久性のあるガラス
    前面背面に使用しています。
    またフレームには
    航空宇宙産業でも使用されている
    グレード7000シリーズのアルミニウム
    使用しています。

    iPhone8/8Plusの色は?カラーバリエーションを紹介

    前作のiPhone7では6色だった
    カラーバリエーション。

    iPhone8ではスペースグレイが復活し、
    シルバーゴールド全3色
    発売されます。

    ローズゴールドやブラックは
    無くなったんですね。

    ですが、今回のスペースグレイ
    iPhone6Sの時より、
    より黒に色になっているようですよ

    iPhone8/8Plusのサイズは?

    スマホを持つ上で、
    皆さんが気にするのが
    サイズですよね。

    iPhone8ではどうなっているのでしょうか。

    iPhone8/8Plusのストレージ容量の種類は?

    今まで発売されていた
    歴代のiPhoneは
    ストレージ容量が3種類ありました。

    iPhone8からは、
    64GBか256GBの2択になりました。

    自身の利用用途に応じて、
    どの容量にするか、
    よく吟味しなければいけないですね。

    iPhone8/8Plus 画面サイズ!画質や液晶は?

    画面サイズは前作iPhone7と変わらず

    iPhone8で4.7インチ
    iPhone8Plusで5.5インチで

    Retina HDディスプレイを使用しています。

    True Tone(光感知)テクノロジーと
    広い色域採用することで
    今までよりも一段と自然に画像や動画が
    映し出されます。

    iPhone8/8Plusの本体のサイズは?iPhone7のケースは使える?

    大半の人が気にする、本体のサイズ
    ケースを選ぶのに必要ですよね。

    iPhone8
    高さ138.4mm、幅67.3mm、厚み7.3mm

    iPhone8Plus
    高さ158.4mm、幅87.1mm、厚み7.5mm

    iPhone7に比べ、
    0.1~0.2mm大きくなってます。

    そのため、
    シリコンケースやAppleの純正品であれば
    問題なく使用可能です。

    市販されている手帳型のケースなども
    0.1mm単位で作られているものでなければ
    使用できると思われます。

    iPhone8/8Plusのカメラの性能!画素数は?

    iPhoneのカメラは世界中でも大人気です。

    そのカメラが更に進化しました。

    カメラのセンサーを新しいものにし、
    それを動かすチップも新しくすることで

    より高度な写真撮影のテクニック

    簡単にかつ自動
    使用できるようになりました。

    iPhone8/8Plus共に
    12MPのセンサーを搭載した
    広角レンズを使用しています。

    またiPhone8Plusには
    デュアルカメラが搭載されているため、
    望遠カメラとしても使用できるほか、

    iPhone8Plusでのみ
    ポートレートモード機能
    搭載されているので、
    より一層写真撮影が楽しめるのでは
    ないでしょうか。

    iPhone8/8PlusのCPUの性能は?

    iPhone8にはA11チップという
    新しいチップが搭載されています。

    このチップ、
    6つのコアで設計されていて

    iPhone7に搭載されていた
    A10チップと比較すると

    4つの高効率コア(処理速度)が70%
    2つの高性能コア(グラフィック性能)が25%
    高速化されています。


    iPhone8/8Plusその他の機能・スペックQ&A!

    ここまでがiPhone8で
    大きく変わった機能と言えるでしょう。

    では他の機能はどうなっているのでしょうか。

    iPhone8/8Plusのイヤホンはどうなる?端子は?

    こちらはiPhone7同様で、
    イヤホンジャックはついていません。

    iPhone8/8Plusでイヤホンを使用する際は

    • 同梱されている変換アダプターの使用
    • AirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使用

    のどちらかになります。

    変換アダプターを使用する場合、
    充電しながら

    イヤホンを使用することが出来ませんので、

    頻繁に使用する人は、このタイミングで
    ワイヤレスイヤホンに変えることを
    おススメします。

    iPhone8/8Plusの防水機能は?

    iPhone7以前はついていなかった
    防水機能。

    設計の制度を極めたこと
    耐水・防塵性能がつきました。

    イヤホンジャックが
    なくなった理由の一つですね。

    IEC規格60529に基づく
    IP67等級に適応しています。

    iPhone8/8Plusで指紋認証センサーTouch IDは使える?

    発表前ではなくなると噂されていた
    Touch ID

    iPhone8/8Plusでは変わらず
    搭載されています。

    今まで同様、ホームボタン
    指紋認証センサーが内蔵されています。

    iPhone8/8Plusホームボタンの形状は?3DTouchは対応?

    こちらもなくなると噂されていましたが、
    iPhone7同様、同一形状で残っています。

    3DTouchも変わらず使えます!

    Apple Payは?Suicaは使えるの?

    iPhone7以降搭載されて
    より便利になりましたApplePay。

    この機能も搭載されています。

    クレジットカードはもちろん
    Suicaも使用可能ですので、
    公共交通機関を使って出かける際も、
    iPhone1台あれば、どこでも行けますね!

    ですが、
    使用前の登録だけはお忘れなく。

    iPhone8/8Plusの値段と容量!価格はいくら?

    当初の噂では1000ドルを超える
    噂になまっていましたが、

    実際はどうでしょうか。
    容量別に価格を見ていきましょう。

    以下SIMフリー版の税込価格です。

    iPhone8
    64GB:85,104円/256GB:96,984円

    iPhone8Plus
    64GB:96,984円/256GB:115,344円

    携帯会社ごとの価格
    まだ発表されていませんので
    定期的に確認が必要ですね。

    まとめ

    いかかでしたか?

    今年はiPhone発売10周年
    いうこともあり、
    フルモデルチェンジ並みに
    デザイン・機能が一新されましたね。

    こちらを参考に、New iPhoneを
    検討していただければと思います。

    ソフトバンクオンラインで確認する

     

    auオンラインで確認する

     

    docomoオンラインで確認する

     

     




    新型登場!『iPhone8/X』の予約なら
    ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
    在庫の確保が確実なのはオンライン♪

    ■オンライン予約5つのメリット■

    ・24時間いつでも申し込める
    ・余計なオプションに入らなくて良い
    ・自宅受け取りで待ち時間なし
    ・発売当日にiPhoneを受け取れる
    ・店頭で事務手数料を払わなくて良い

    など、オンライン予約なら余計な
    『時間』や『出費』がかからないですよね♪




    iPhoneの予約は
    オンラインショップがおすすめ♫
    《WEBなら事務手数料が無料!》




    【関連する人気記事】

    \ SNSでシェアしよう! /

    iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    iPhone辞典の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア



    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    うぶ

    うぶ

    現在産休中のショップ店員です。

    自身はiPhone愛用中❤︎

    ショップ店員の知識を活かして、
    皆さんの手助けが出来るような記事作りを
    心がけていきます!

      この人が書いた記事  記事一覧

      • iPhoneXの値下げ時期とは?一番安く買えるキャリアを徹底調査

      • iPhone8の値下げ時期はいつ?最安値で買えるキャリアも紹介

      • iPhoneXRとiPhoneXSを徹底比較!値段やサイズの5つの違いとは?

      • iPhoneXSとiPhone8の違い!スペックはどっちが使いやすい?