1. TOP
  2. iPhoneの寿命は何年?バッテリーを長持ちさせる秘訣と故障のサイン

iPhoneの寿命は何年?バッテリーを長持ちさせる秘訣と故障のサイン

 2016/10/22 故障・トラブル
この記事は約 5 分で読めます。 1,010 Views

今お使いのiPhoneを購入して
どのくらい経ちますか?

私はガラケー時代から2年周期で
機種変更をしてきました。

ガラケーは壊れにくいということもあり、
機種変更の理由は
魅力的な機種に出会ったというのが
ほとんど。
故障による機種変更は、
うっかり洗濯しちゃった時だけです。

それと比べてiPhoneは
電池の交換が気軽にできないし、
新しい機種が出る頃になると
何となく調子が悪い?と思うことがあります。

iPhoneの寿命は一体何年くらい
なのでしょうか?

出来る事なら急な故障の前に
新しい機種に乗り換えたいので、
故障の兆候も知っておきたい!

というわけで、今回は
iPhoneの寿命や長持ちの秘訣、
そろそろ寿命?という故障のサイン
についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Links

iPhoneの平均寿命はどのくらい?

mobile-phone-630320_640

iPhoneを物理的に壊すことなく使った場合
平均寿命はどのくらいだと思いますか?

私の感覚だと、
1年使うと
電池の持ちが悪くなってきたかな?」
と思うようになり、
2年使うと
「どうも最近、動作が重くなってきてるな~」
と感じることが増えてきます。

では実際にはiPhone本体の寿命の目安
は何年くらいだと思っておくと
良いかを解説していきます。

本体の寿命とAppleのサポート期間

Appleの公式のコメントでは、

1人目の所有者を基準にした使用年数を、
(中略)
iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは
3年にする控えめなモデルを採用しています。

としています。

このことから、
AppleがiPhoneの寿命を3年と発表した!
という情報が流れていますが、

しかし公式のコメントは、

Apple製品の多くは
耐用年数がこれよりも大幅に長く
定期的なソフトウェアアップデートによって
常に最新の状態に保たれ、
1人目の所有者から別のユーザーに譲渡
または転売されます。

とも続けています。

全文はこちらからご覧ください。
Apple:環境への取組み

ということは、
平均寿命としては3年

バッテリー交換などのメンテナンスをすれば
ソフトウェアアップデート
受けられる限りは
もっと長く使えるということでしょうね。

Sponsored Links

修理などのサポートはいつまで受けられる?

Appleでは、販売終了した機種の部品
製造終了から5年まで保持しているそうです。

ということは、例えば
2016年に製造が終了された機種は、
2021年までは正規での修理が可能ですが、
それ以降は買い換えを視野に入れた方が
良さそうですね。

そこまで長寿なら逆にもうちょっとケアして
あげたくなりますけれど、仕方がありません。

iPhoneを長持ちさせる秘訣とは?

smartphone-601554_640

iPhoneを長持ちさせるには、
日頃からどのような使い方をすれば
良いでしょうか?

iPhoneの不調を感じる最初のきっかけ
ほとんどは
バッテリーの持ちが悪くなった時です。

バッテリーを長持ちさせるコツ

  • フル充電よりもこまめな充電
  • フル充電した場合は、
    充電器を挿しっぱなしにしない
  • iPhoneを長期間使わない時も
    50%程度の充電をしておく

この3つを守れば、何も意識せずに使う
よりもバッテリーの寿命を延ばすことが
できます。

長持ちさせると不便なこともある

ちなみに私は第4世代のiPod Touch
を所有しているのですが、
こちらは故障もせず現役バリバリ。

ですが第4世代のiPod Touchは
iOSのアップデートの対象から外され
最新のiOSにできなくなりました

これはiPhoneであっても同じことで、
いくら長持ちをさせたとしても
こういった不便な点も出てきます。

Sponsored Links

そろそろ買い替え?iPhoneが故障する前の症状

notepad-1383780_640

何となくiPhoneの調子が悪いかな?
という気がしてきたら、
そろそろ買い替えた方が良いかな?
と思い始めますよね。

iPhoneが故障してからでは、
大事なデータを失ってしまう可能性
あります。

だからといってまだ使えるのに
買い替えるのはもったいないことです。

iPhoneが故障する前の症状を知っておくと
買い替えの予定を立てたり、
バックアップなどの下準備をする余裕が
出来ます。

iPhoneの故障の兆候としては

  • バッテリーがすぐになくなる
  • 動作が重くなる
  • 音が出なくなる

などが挙げられます。

その他にスイッチが壊れてしまったり、
バッテリーが膨張してしまうという
物理的なトラブルも出てきます。

特にバッテリーの膨張は危険ですので、
早めに対処してくださいね。

バッテリーの膨張に関しては
以下の動画がとても参考になりますので
ご覧ください。

まとめ

iphone-658842_640

私が持った最初のスマホはiPhone5でした。
徐々に電池の持ちが悪くなってきた頃に
iPhone6が発売。

触手は伸びたものの、もう少し辛抱して
iPhone6sに機種変更しました。

というわけでiPhone7は見送って
次の機種を狙っています。

それまでに今回の記事で紹介した
故障の兆候を気にしつつ、
万が一のためにバックアップはしっかりと
して、来る日を待ち続けようと思います。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

動物の母

動物の母

ガラケーを卒業してからはiPhone一筋です。
PCも元々はmac派だったので、
仕事でwindowsを使うようになってからもApple贔屓。

利用者が多いiPhoneなので、それだけ疑問も多いと思います。
iPhoneを使う中でのちょっとした疑問にお答えできたら嬉しいです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • iPhoneのスクショが撮れない時に試す3つの対処法【完全版】

  • iPhoneのリーディングリストが消えた!復元方法を解説

  • iPhoneで録音した音楽や音声をCDに焼く方法とは?

  • 中古iPhoneはiPodとして代わりに使える?使い方と便利な設定法

関連記事

  • iPhoneの電話が切れる!その原因と快適に通話する方法

  • iPhoneのsafariが繋がらない時に試す3つの方法とは?

  • iPhoneのリセット!iCloudでエラーが出る時の解決法

  • iPhoneのカメラが使えない!暗いままになった時の対処法

  • iPhoneの絵文字がandroidで表示されない!5つの対処法

  • iphoneの指紋認証が故障?精度が悪くなった時の確認法とは?