1. TOP
  2. 【節約術】iphoneの電池を長持ちさせる充電方法とは?

【節約術】iphoneの電池を長持ちさせる充電方法とは?

コラム
この記事は約 5 分で読めます。 218 Views

朝は100%フル充電していったのに、
帰宅時や夜には20%まで減っている!

アプリやゲームなどを使用した日や、
使用期間が長くなってきた事で、
iphoneの電池の減りが急に
早くなったなー、と感じる時、ありませんか?

そこで、今回はiphoneの電池を
長持ちさせるためのちょっとした
方法をまとめてみました。

Sponsored Links

iphoneの電池を長持ちさせる3つの充電方法

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak85_usb131310

iphoneの電池を長持ちさせる事は
とても簡単です。
3つの”ある方法”を行えば、ぐっと
長持ちさせることができます!

充電は80%までにする!

iphoneの本体ではなく、リチウム
イオンポリマー電池(バッテリー)内に、
充電電圧や時間を制御するコンピュータが
搭載されており、
過充電・過放電を防ぎながら80%までは
急速に充電されるよう記憶
されています。

急速充電で80%まで充電されるのは、
時間的に大体1時間くらいで済みます。

80%を超えると継続的に電池に微弱な
電流を流すという、「トリクル充電」に
切り替わります。

充電が終わったらすぐにコードを外す!

上述した「トリクル充電」は、80%を超え、
100%まで充電させてくれますが、
それ以降も微力ながら電流が流れていて、
充電がずっと続いている状態です。

トリクル充電によって、常に電流が電池に
流れている状態は、バッテリーへの負担を
かけてしまうので、電池の寿命が短くなって
しまいます

80%を超えた時点で、充電が終わったら、
すぐにコードを外す事がベストですね。

月に一度、バッテリーを使いきる!

リチウムイオンポリマー電池には、
電圧を制御するだけでなく、
バッテリを充電した回数や、
どれくらい使用したのかという情報も
記憶されます。

しかし、使用開始時や長期間使っている場合、
制御コンピュータの計算に誤差が生じることも。
これによってバッテリの充電時間が短くなって
しまう、ということもあるようです。

この制御コンピュータの計算の誤差を修正する
ために、本来のバッテリ容量を覚え直させるため
再調整を行ったほうが良いようです。

【Apple が推奨している再調整の方法】

①100%まで充電してから2時間放置。
②充電を止めバッテリがゼロになるまで使う。
③電源が落ちたら5時間以上放置しておく。

①~③を行うことにより、
「バッテリが100%充電された」
「0%まで使い切った」
と、制御コンピュータが新たに記憶します。

これにより充電時間の制御が本来の状態に戻り、
バッテリも本来の性能通りに機能するようになるとのこと。

ただし、上記方法は、iPhone と同じ
リチウムイオンポリマー電池を搭載している
Macbookの例です。

リチウムベースのバッテリーを適切に
メンテナンスするには、バッテリー内の
電子を時々動かすことが重要です。
毎月最低でも1回は充電/放電サイクル
を完了する(完全に充電した後、
バッテリーを使い切る)ようにしてください。
(アップル – バッテリー – iPhone より引用)

アップルのウェブページ内にはMacbookに対して
の記載は有りましたが、iphoneに対して上記の
ような記載はありません。

なぜなら、iphoneはMacbookのようにあまり
使わない、といった
非日常的な機器ではない
ということだからです。
毎日使用しているiphoneであれば、再調整を行う
必要は
ほぼ無いと考えられます。

もしバッテリの再調整をするとしても、日常的に
使っているiphoneであれば、数か月に1回程度
でよいようです。

Sponsored Links

電池の寿命が縮まる?やってはいけない充電方法!

gahag-0039225665

使用頻度や期間にもよりますが、さらに
電池の寿命を縮ませる事、していませんか?
できることなら電池を少しでも長持ちさせて
使用したいですよね。

充電したままでの就寝はNG!

iPhoneアプリの「アラーム」を目覚まし時計
として使っている方、結構多いと思います。

充電が切れたらアラームが鳴らないから、
と思って、一晩中充電したままで眠ることが
よくあるかと思いますが、
「トリクル充電」することによって電池に
負担をかけてしまい、
電池の寿命が
縮まってしまいます!

就寝前に80%まで充電して、充電コードから
抜き、就寝するのが望ましいようです。

ケースから外さずに充電するのはNG!

充電中は、電池が熱を持ちやすい状態です。
しかもiphoneケースの装着によって放熱が
阻止されると、
バッテリーにダメージを与えて
しまう状態
になるのです。

充電中はiPhoneが熱い、と思ったら、ケースから
外し、
放熱しやすい環境を作ってあげることも
大切です

Sponsored Links

まとめ

lgi01a201402280100

いかがでしたか?
常にフル充電じゃないと不安、
という方もいらっしゃるかと
思います。私もそうでした^^;

ですが、フル充電はバッテリーに負担をかけ、
電池の寿命を短くしているんだと改めて
勉強させていただきました。

少しでも長く使用できるよう、充電するときは、
ケースから外して、1時間ほどの充電を行うよう、
心がけたいと思います!

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

iPhone辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅利 友季

浅利 友季

iphoneは4sから所持しています。現在は6を使用中。次回新機種に買い替え予定!
初めはなかなか使い慣れなかったiphoneですが、
まだまだ勉強中ですが、ようやく使いこなせるようになってきました^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • iPhoneのバックアップを家族で!1台のPCで複数のデータを保存する方法

  • iPhoneの広告がうざい!『完全』にブロックする3つの方法

  • iPhoneのバックアップの場所は?windowsでの確認方法

  • iPhoneのマップを消去!検索履歴を完全に削除する方法

関連記事

  • iPhoneのパスコードを失敗!初期化せずロック解除する方法

  • iPhoneでiTunesを使わないのは可能?問題点5つを解決

  • iPhoneの緊急地震速報!サイレント時に鳴らさない方法

  • iPhoneのクッキーを無効に!そのメリットとデメリットを解説

  • iphoneの電波が人体に有害ってホント?気をつける3つの対策

  • iPhoneとAndroidどっち良い?メリット&デメリットを比較